空き家が劣化する原因とは?管理の重要性とは?|草加市八潮市の不動産売却のことなら草加市八潮市不動産売却相談窓口

query_builder 2023/02/26
空き家
空き家 劣化

所有している空き家の管理に悩んでいませんか?


家というのは時間とともに劣化していくものですが、人が住んでいれば維持管理をし、劣化を抑制できます。


しかし、空き家になると劣化に気づかずに最終的に「倒壊」の原因になってしまう可能性もあります。
そこで今回は、空き家が劣化する原因と管理の重要性についてみていきましょう。

空き家が劣化する原因について解説


空き家が劣化する原因は、大きく分けて4つあります。

1つ目は、換気不足により梅雨や夏の時期に湿度が高くなることでカビが発生してしまい、木材を腐食させる要因となります。


2つ目は、長い間使っていない給排水管にも注意をしましょう。
給水管はサビが発生したり、排水管では溜まったヘドロなどが乾燥して硬くなることで管がひび割れや破損しやすくなってしまいます。
3つ目は、雨漏りによって空き家の中に雨風が入ってきて劣化を促進させることです。
4つ目は、害虫や害獣と呼ばれる不衛生な場所に出る虫やネズミにより、死骸、糞尿などで家が劣化するので注意が必要です。

空き家が劣化するとどんなデメリットがあるのか?
空き家が劣化すると所有者にとってデメリットが発生します。
売却を考えている場合には、劣化が進んだ空き家をスムーズに売ることができないというデメリットがあります。
また、賃貸物件として貸し出すことにした場合でも、劣化している空き家であれば誰も借りてはくれません。
そのため、リフォームや修繕、清掃などをして多くの費用を投資することになります。


気を付けたいデメリットは「特定空き家」に指定されてしまうことです。
もし指定された場合には空き家の撤去または修繕の命令が出てしまい、従わない場合には強制的に執行され、その費用を請求されるケースがあるので注意しましょう。

空き家を劣化させないための管理方法とは?
空き家を劣化させるとさまざまなデメリットがありますので、まずは所有者が空き家の管理をおこなう必要があります。
定期的に空気の入れ替えをおこない、水も使えるようにしておき、給排水管が詰まらないように手入れをしましょう。
また、害虫や害獣が入ってこないように侵入経路があればふさぐ、入ってきていたら駆除するなどの対策をおこなってください。

まとめ
空き家が劣化する原因やデメリット、管理の重要性についてご紹介しました。
空き家を所有していると管理が大変ではありますが、劣化した場合を考えると手入れをした方が良いでしょう。
劣化の原因に対処をして、劣化が進まないように定期的に管理をおこなうことをおすすめします。


空き家の活用方法やご売却については、草加市八潮市不動産相談売却窓口までお気軽にご相談ください。

----------------------------------------------------------------------

草加市・八潮市 不動産売却相談窓口

住所:埼玉県草加市住吉1-5-27

電話番号:048-948-6162

----------------------------------------------------------------------