築浅の一戸建てを売却するためのコツについてご紹介|草加市八潮市の不動産売却のことなら草加市八潮市不動産売却相談窓口

query_builder 2023/11/25
離婚
表紙

まだ建てられてからそれほど経っていない物件を、築浅物件と言います。
これから一戸建ての築浅物件を売却する方は、注意しておきたいこともあります。


ここでは、築浅の一戸建てを売却する際のコツについてご紹介します。

築浅の一戸建てを売却する際は理由をきちんと伝える

まだ建ててからそれほど経っていない築浅物件を売却する場合、なぜ売ろうとしているのか理由を知りたいと思う方も多いです。
もしかしたら、何か問題があって手放したのではないかと勘繰る方もいるため、理由はきちんと伝えたほうが良いでしょう。


離婚した、転勤で遠方に行くことになったなど、一戸建てを手放すきっかけはそれぞれ異なるかと思います。
いずれにせよ、理由がはっきりわかれば、前向きに購入したいと考える方も増えるでしょう。


また、もし何らかの欠陥がある場合は、それについても伝えなければなりません。
なぜなら、欠陥や問題がある不動産であるにも関わらず、それを伏せて売却すると、契約不適合責任を負うことになるからです。


場合によっては、契約が白紙になるだけでなく、損害賠償が発生することもあるため注意が必要です。
もちろん、心理的瑕疵がある場合も、伝える必要があります。


不動産を購入するときには予想しなかったことが起こり、一戸建てを売却することになる方も少なくありません。
ローンの返済が厳しくなったり、介護するため引っ越ししなければならなくなったりと、さまざまです。


売り手も買い手も気持ちよく取引できるように、できること、やるべきことはしっかりおこなっていきましょう。


築浅の一戸建ては価格が下がる前に売るのがおすすめ

現在、築浅物件を売りたい方や売却数は増えています。


売ることが決まっているのであれば、早めに売ったほうが良いでしょう。
なぜなら、築年数とともに価格は下がる傾向があるからです。
土地の価格はあまり変化しませんが、建物は違います。


たとえば、築5年一戸建ての場合、物件購入時のおよそ70%、築10年になると60%が相場になっているようです。

早期売却するコツ

築浅の一戸建てを売却するなら、ローンの完済を想定しながら適正価格で売り出すことがポイントです。

また、節税対策をして確定申告をおこなうことも、覚えておきたいコツです。


もちろん、住宅設備をどれくらい残すのか交渉することができるので、慎重に検討しましょう。

まとめ

築浅の一戸建てを売却する方は、早めに売ることをおすすめします。
なぜなら、どんどん価格が下がるからです。
ローンの完済を想定しながら、適正価格で売りましょう。

草加市の不動産購入、売却はLINE不動産株式会社までお任せください。
新築戸建ての仲介手数料は無料、売却の仲介手数料は50%オフ。
お気軽にご連絡ください。

----------------------------------------------------------------------

草加市・八潮市 不動産売却相談窓口

住所:埼玉県草加市住吉1-5-27

電話番号:048-948-6162

----------------------------------------------------------------------