土地が売れない理由や対処方法と売れ残ったらどうなるかについてもご紹介|草加市八潮市の不動産売却のことなら草加市八潮市不動産売却相談窓口

query_builder 2024/02/01
相続買取税金
表紙

土地の売却を検討している方の中には、売れるか心配だという方も多くいます。


土地が売却できない理由や、売れ残ったらどうなるのかを知っておくと、売却への第一歩が踏み出しやすくなるでしょう。
売れない場合の対処方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

土地が売れない理由

土地の売却にかかる期間は、平均3か月と言われています。


この期間を過ぎると扱いが変化し、売れない物件とされるのです。
なかなか買い手が見つからない理由としては、設定価格が高すぎることや、条件が悪いこと、境界が確定していないことが考えられます。


価格が高すぎると、なかなか買い手が見つかりません。


不動産は需要と供給が重要です。


なかなか買い手が見つからないときには、価格を見直してみましょう。
条件が悪い土地も需要は低くなります。


道路に面していなかったり、インフラの整備がされていなかったりする場合には、条件に合った価格にしましょう。
境界が確定していないとトラブルの原因になります。
境界の確定していない土地は、売れる状態ではないと判断されてしまうこともあるので、まずは境界を確定させましょう。

土地が売れないとどうなるのか

売れ残ってしまった土地でも、そのまま所有し続けると毎年税金がかかります。


固定資産税や都市計画税は、毎年1月1日時点での所有者に納税義務が発生するので、忘れずに支払いましょう。


また、長期間放置すると雑草や庭木が成長してしまうので、お手入れも必要です。
枝や根が隣地に越境したり、虫などの生物が発生して近隣の住民とトラブルになることもあります。


そのような事態にならないように管理しなくてはいけません。


自分で定期的にお手入れができないという方は、業者に依頼することも検討しましょう。

土地が売れないときの対処方法

どうしても土地が売れないときには、条件の改善を検討しましょう。


接道義務を満たしていない土地や極端に狭い土地は、隣の土地を買い取って面積を広げたり形状を整えることで、買い手が見つかりやすくなります。
共有名義になっている土地は、他の所有者から持分を買い取ることで共有名義の解消が可能です。
再建築できる状態にして売り出すと、買い手にとっても使いやすくなるので、需要が上がります。


売れない原因の多くが、条件と価格の不一致です。


バランスを取れば買い手も見つかりやすくなるでしょう。
価格を見直して、思い切った値下げをするのも手段の一つです。


また、とにかく手放したいという場合には、思い切って自治体や個人、法人に寄付をするという方法もあります。

まとめ

1

売れない土地をそのままにしておくと、多くのデメリットが生じます。


買い手が見つからない原因をしっかり考えて、対策していくことが大切です。
場合によっては思い切った値引きも手段として検討しましょう。
どのような対処方法がベストなのか、不動産会社に相談することもお考えください。

草加市の不動産購入、売却はLINE不動産株式会社までお任せください。
新築戸建ての仲介手数料は無料、売却の仲介手数料は50%オフ。お気軽にご連絡ください。

----------------------------------------------------------------------

草加市・八潮市 不動産売却相談窓口

住所:埼玉県草加市住吉1-5-27

電話番号:048-948-6162

----------------------------------------------------------------------