注文住宅と建売住宅 どちらが売却しやすい?注文住宅との違いや売却の流れをご紹介!|草加市八潮市の不動産売却のことなら草加市八潮市不動産売却相談窓口

query_builder 2023/11/02
住み替え
表紙

建売住宅の売却を検討している方は、注文住宅との差を理解したうえで、効果的なアピールポイントを考えることが早期売却には大切になってきます。


これから建売住宅の購入を考えている方も、出口戦略として売却の流れを把握しておきましょう。
そこで今回は建売住宅と注文住宅の違いをご説明するとともに、建売住宅が売却しやすい理由や売却の流れについてもご紹介します。

売却前に知っておきたい!建売住宅と注文住宅の違い

建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている住宅のことです。
間取りや設備、デザインなどがすでに決められているため、買主は設計に時間やコストをかけなくて済みます。
一方で注文住宅とは、買主がいちから設計に携わって作り上げていく住宅のことです。


似たような家が並びがちな建売住宅と違って、間取りや設備、デザインを買主の好きなように決められるため、自由度の高い家を作りたい方に向いています。


ただし建売住宅と違って設計施工に時間がかかりやすく、すぐに購入して引っ越したい方には向いていません。

建売住宅が売却しやすい理由

建売住宅が売却しやすい理由のひとつに、間取りやデザインが万人受けしやすい点が挙げられます。


持ち主の好みが反映される注文住宅に比べて、建売住宅はハウスメーカーが一般的に好まれやすいシンプルな造りでプランを作成するのが特徴的です。
そのため、より多くの人の目に留まりやすく買主が見つかりやすい傾向にあります。


中古の建売住宅は価格が抑えられる点も売却しやすい理由のひとつです。
新築の時点で注文住宅よりもコストがかかっていない建売住宅が多いため、中古物件として売りに出されると価格がさらに抑えられる傾向があります。


また、建売住宅はハウスメーカーが土地の境界を明確にしてから建築が始まるため、境界線のトラブルが起きにくい点も嬉しいポイントです。


このように間取りやデザインだけではなく、購入しやすい価格帯であること、購入後にトラブルが起きにくいことなど建売住宅は安心感のある選択肢として注目されています。

建売住宅を売却する流れ

建売住宅を売るときは、まず不動産査定を受けて売却価格の見通しを立てることから始まります。


つぎに、査定額や売却活動の方針に納得できた不動産会社と媒体契約を結びます。
一般媒介契約の場合はいくつかの不動産会社と契約を結びながら売主自身で買主を探すことも可能なので、自由度の高い売却活動をおこないたい方におすすめです。
専任媒介契約や専属専任媒介契約は1社としか契約できないものの、売却活動を手厚くおこなってもらえるメリットがあります。


媒介契約を結んだらネットやチラシを使って宣伝するなど、本格的に売却活動を進めていきます。

物件に興味のある方がいれば内覧を受け入れ、購入希望者が現れたら重要事項説明などの手続きをおこなったうえで売買契約を結ぶのが建売住宅を売却する流れです。

まとめ

建売住宅はシンプルかつ使いやすい造りで多くの人から人気があるため、注文住宅よりも売却しやすいといわれています。


建売住宅のメリットや違いを把握しておけばアピールポイントを考えやすくなり、効率的な売却活動につながります。

----------------------------------------------------------------------

草加市・八潮市 不動産売却相談窓口

住所:埼玉県草加市住吉1-5-27

電話番号:048-948-6162

----------------------------------------------------------------------